ARMとCortexの歴史

ARMの歴史

ARMの誕生

ARMは、当初(1983年~85年ごろ)、英国ケンブリッジのAcorn Computers Limitedで開発されました。それは商用に開発された最初のRISCマイクロプロセッサです。1990年Advanced RISC Machines Limitedは、ARMテクノロジの利用拡大を目的に設立されました。以来、ARMは世界中の多くの半導体メーカにライセンスされています。

当時、Acorn Computers Limited で働いていたエンジニアの話によると、Advanced RISC Machines Limited設立の発表は、何が起こったのか、すぐには理解できなかったそうです。とにかく「何か大きな変革が起きたみたいだ」と感じたそうで、時間が経つにつれて、現実が把握できたそうです。

RISCマイクロプロセッサと言うのは、後ほど詳しく説明いたしますが、簡単に言うと、「一つの命令が実行する動作は簡単だが、高速に実行させるため、組み合わせて一連の動作を効率良く実行する。」という理論にもとづいたプロセッサです。1980年頃にスタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校の研究課程で生まれました。RISCプロセッサには当時賛否両論ありましたが、ARMはRISCプロセッサ発表の5年後くらいに開発されていて、驚くほど早い対応だったといえます。

Acorn Computers Limited時代にARM1~3が開発されました。Advanced RISC Machines Limitedになっての初めての製品はARM6です。その後、携帯電話で需要の高かったARM7が開発されます。その為、事実上のARMのスタート製品はARM7と言われています。その後、機能を向上しながらARM8、ARM9、ARM10、ARM11と次々と製品が展開されました。

ARMコアは機能だけではなく、コストや低消費電力も重視しながら開発されています。その為、同じ性能の他社のコアに比べると、安価で、消費電力が少ないというメリットもユーザにもたらしてくれます。