RTOS(リアルタイムOS)の概要

RTOSとは?

コンピュータという言葉から何を想像しますか?パーソナルコンピュータ、サーバ、スーパーコンピュータなどは、まさにコンピュータらしいコンピュータと言えるでしょう。これらは、汎用な目的に使用できる情報処理型のコンピュータです。しかし、コンピュータはこのようなものばかりではありません。

例えば、携帯電話、ビデオカメラ、デジタルカメラ、コピー機、ファックス、自動車、カーナビ、携帯音楽プレーヤ、HDDレコーダ、自動販売機など、身の回りの多くのものにコンピュータが入っています。これらのコンピュータは、実世界の動きに合わせてセンサやアクチュエータなど他の機械システム等と協調して動作し、目的に応じたサービスを提供します。このようなコンピュータシステムは組み込みシステムと呼ばれています。

組み込みシステムは特定の機能を実現するための専用化されたシステムです。いまや私達の生活には欠かせません。一方、システムによっては誤動作が発生すると重大な問題を引き起こしかねないものもあります。自動車の制御システムなどは人命に関わることが容易に考えられます。そのため、正常に機能することが重要であり、組み込みシステムには非常に高い信頼性が求められます。また、身の回りのあらゆるモノにコンピュータが組み込まれるようになったことで、低コスト化が一つの重要な課題になっています。コストを極限まで下げたため、組み込みシステムは一般的に処理速度が遅かったりメモリサイズが小さかったり、利用できる資源(リソース)に厳しい制約があります。さらに、システムの改修にも多大なコストがかかるため、長期間安定して動作できることも求められます。

そして何より、組み込みシステムは実世界に合わせて動作することが求められます。情報処理型のコンピュータとは異なり、単なる計算処理を行うのでなく機器を制御するための入出力処理や通信処理が中心となります。実世界は常に状況が変化し続けているので、実世界の動きに合わせて処理を行うためには、高い応答性能が求められます。