Premium Talk Session

世界が認めたTRON、世界に羽ばたくT-Kernel
坂村健氏と語る、これからの組込み

リアルタイムアーキテクチャの開発を目的として東京大学の坂村健助手(当時)が1984年に提唱した「TRONプロジェクト」は、コンピュータやエレクトロニクスなどさまざまな分野に大きな影響を与えてきた。とくにTRONプロジェクトから生まれたITRON/μITRON仕様は、家電、自動車、携帯電話、産業機器など、世界中の何億台もの製品や機器で使われており、その貢献は計り知れない。この特集では、TRONプロジェクトの提唱者であり現在はT-Engineプロジェクトを主導する坂村健先生をお招きして、TRONから発展したリアルタイムOS「T-Kernel」を中心にお話を伺った。

TRONから進化したT-Kernel
通信にも対応し機器の高度化を実現

坂村健氏

東京大学教授

YRP ユビキタス・ネットワーキング研究所 所長
T-Engine フォーラム会長
工学博士
坂村 健 氏

本日は坂村健先生をお招きしてT-Kernelを中心にお話を伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

坂村:STマイクロエレクトロニクス(以下ST)で思い出したんですけど、EPoSSというヨーロッパの組込みの業界団体からTRONの話をしてくれないかと頼まれて、2011年10月にスペインのバルセロナで開かれた年次総会で基調講演をしたんですよ。そのときに会ったEPoSSのチェアマンがSTの人で、名前なんていったかな。(資料の写真を見せて)この人ですよ。

オテリ:カメロ・パパ(Carmero Papa)ですね。STのシニア・エグゼクティブ・バイスプレジデント兼インダストリアル・マルチセグメント部門ジェネラル・マネージャです。

坂村:そうそう、パパさん。カメロ・パパさんだ、思い出した(笑)。ところでオテリさん、この小冊子はご存知ですかね?

オテリ:はい。先ほどいただきまして。

坂村:この一冊にTRONの特徴をまとめてあるんですけど、一つはリアルタイムパフォーマンスに優れている点、二つ目がメモリのフットプリントが小さいという点、三つ目が省エネ機能が優れている点、四つ目がツールを含めたワンストップサービスが整っているという点、そして五つ目が独自のオープンライセンスを採用しているという内容となっています。ビジネス的には「TRONエコシステム」が出来上がっています。半導体メーカーやOSベンダーはもちろん、政府や自治体、学校や教育機関、開発ツールやボードベンダー、ミドルウェアベンダー、セットメーカー、民間研究所やコンサルティング会社、それにサービスプロバイダやインテグレータなどたくさんの企業や団体が集っていて、その先には大勢のユーザーがいるわけです。TRONは30年も前からこういうことをやってきて、お陰様で国内ではリアルタイムOSとして60%以上のシェアを持っていて、家電やら自動車やら産業機器やら、いろんなモノに入っているんですよ。

そういう業界標準的なOSはヨーロッパにはないんですか?

坂村:TRONみたいなのはないんですよ。小さいベンダーが出している商用のリアルタイムOSはいくつかありますけど、標準にはなってませんよね。Linuxもあるけど、あれはIT系のシステムだしね。なんでTRONが日本で発展してきたかというと、日本が家電や自動車といった分野に強いからなんですよ。もちろん使われているのは日本だけじゃなくて、たとえばドイツの自動車メーカーもTRONを使ってますし、米国製のプリンタなんかにも入ってますよ。要は僕たちがやってきたのは標準のリアルタイムOSを通じてビジネスのプラットフォームを作るという作業であって、今はそういった活動をT-EngineフォーラムというNPOで進めているというわけです。

そもそもの初歩的な質問で恐縮ですが、ITRONとT-Kernelの関係を教えてください。

坂村:先ほどの小冊子の「Milestone of TRON/T-Kernel」という欄にまとめてありますけど、1984年からTRON協議会をやってますから、もう30年近い歴史を持ってるんです。その間にコンピュータ、当然ですけど進化してきましたよね。パソコンだって、最初はMS-DOSだったのが、Windowsが出て、そのWindowsも初期のと今のとではぜんぜん違うじゃないですか。それと同じで、ITRONやμITRONから進化して出来たのがT-Kernelで、さらに小規模な組込みシステムをターゲットにしたのがμT-Kernelという関係です。組込みの世界はITとは違ってロングレンジでモノを考えないとだめですけど、これまでの組込み機器は単独で動作するのが当たり前だったのが、最近になってネットワークでつなげたいといったニーズも増えてきた。そこで、機能や性能を高めると同時に、「T2EX」(T-Kernel 2.0 Extension)と呼んでいるミドルウェアなども提供しながら、ネットワーク時代に適した新しい組込みを目指したのがT-Kernelです。

【関連記事】

ページトップへ