組み込みLinuxに商用SSL/TLSを実装してみよう!

ルネサス マーケットプレイスとは?

ルネサス マーケットプレイスは、ルネサスおよびルネサスパートナーから提供されるRZ/G Platform製品の購入サイトです。パートナー社製ソフトウェアやツール、ボード等、認証済み製品の評価、購入ができます。マーケットプレイスについてもっと詳しく知りたい人は、ここを見てね!今回はその中から、SSL/TLSライブラリのwolfSSLで遊んでみましょう!

wolfSSLとは

OSSの世界でSSL/TLSライブラリといえば、OpenSSL、NSSやGnuTLSなど様々なライセンスの実装がありますが、wolfSSLはGPLv2と商用ライセンスを選択できるソフトウェアです。RTOSでも利用される軽量さと今後対応が必須となるTLSv1.3にもいち早く対応(現在はTLSv1.3のドラフトに対応)し、組み込みLinuxでも採用実績が多くあります。

wolfSSLについてもっと詳しく知りたい人は、ここを見てね!

SSL/TLSを実装してみよう!

図2

マーケットプレイスから提供されるwolfSSLを任意のディレクトリーに保存します。

図3

wolfSSLをユーザープログラムとして追加します。

図4

保存したディレクトリーを指定します。

図5

正しく追加できたことを確認します。

図6

組込みLinuxのメニューからビルドを選択します。

図7

ユーザープログラムを選択し、ビルドを実行します。ビルドが完了したら、ダウンロードします。

ターゲットの起動

ダウンロードしたアーカイブをSDカードへ格納し、ターゲットを起動します。ターゲット上で下記のコマンドを実行したらセットアップ完了です。

							●アーカイブの展開
							# tar xf user_applications_rootfs.tar.gz
							# ls
							benchmark  home           server  user_applications_rootfs.tar.gz
							client     libwolfssl.so  test

							●ライブラリのコピー
							# cp –a libwolfssl.so /usr/lib

							●ライブラリの更新
							# ldconfig
						

SSLサーバー/クライアントの起動

							●SSLサーバー サンプルの起動
							# ./server -b

							●SSLクライアント サンプルの実行
							# ./client