燃え尽きました…APS SUMMIT 2016 JUNE


こんにちは!実験室室長の浦邉です。

雨が続いている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?先週開催したAPS SUMMITに参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
外れてしまった方、ゴメンなさい!当日の状況を少しお話しさせていただきます。

室長セッション:RTOS解説!

APS SUMMITの開催日は、CQさんのイベントも行われ、どちらに行くか迷った方も多いのではないでしょうか?APS SUMMITでは、「リアルタイム」という言葉から、何を連想するかを皮切りに、アンケートデータをもとに何が求められているかを洗い出し、それに基づいて、各種RTOSの比較検討を行いました。また、リアルタイムOSとは一体何をしているのか?ということで、カーネルの動きや割り込み時の挙動を中心に簡単に解説しました。わかっているようで、わかっていないOSの動きを感じていただけたのではないでしょうか?また、よくある質問として、CPUの使用率の算出方法や、省電力に未対応なOSの場合、どこをどうするのかという簡単なTIPSもご紹介し、OSを使う上でのアドバイスもさせていただきました。それでも、OSが難しいという方向けに用意したOS導入の6つのツボ。これだけやれば、よくわからなくても分かった気になる。ありがちな例外エラー時の主な対処方法や、デバッグ時のポイントもまとめてあるので、簡単に使うことができます。といったことを説明しました。

マクニカセッション:Scorpius解説!

Scorpiusのセッションでは、マクニカでOSを開発したメンバーによる紹介と、OSの使い方を解説していただきました。カーネルの動きは、ワタクシが前半で解説したので、イベントフラグであるとか、メールボックスなどのタスク同期機能を中心に説明を行いました。ポーティングのポイントや今後のIoTOSとしてのロードマップの解説もあり、みなさん興味を持っていただけたのではないかと思います。

室長セッション:ローパワーMCU解説!

マイコンのセッションでは、主にローパワーマイコンを中心に、バッテリーとの関係や各社のマイコンがどういった取り組みをしてローパワーを実現しているかを解説しました。なぜクロックゲートが必要なのかや、コアがSleep中でもペリフェラル間でのデータ転送が可能なデバイスの紹介など、横串で解説しているのはAPS Summitだけ!そんなこともあり、ほとんど寝ることなくみなさん聞いてくださいました。

マクニカセッション:ScorpiusとPeal Geckoハンズオン!

最後のハンズオンは、シリコン・ラボのPearl Geckoを使ったOS実装を体験していただきました。実際には、うまく動かせなかった方もいたり、ドライバやBSPの登録が不完全でうまくビルドできなかった方もいらっしゃったようですが、みなさん前向きにとらえていただきました。マクニカさんと協力してフォローしますので、気軽にコミュニティにでも書き込みしてください!うまく動かせた方は、割り込みやタスクの同期、省電力モードの実験ができたかと思います。シリコン・ラボのツールは、よくできているので、評価ボードをUSBでつなぐだけで、いろいろ評価できるのは素晴らしいと思いました。他のベンダーさんも頑張って下さい!

使った資料(一部ダイジェスト版)は、期間限定でこちらに置いてありますので、TwitterとAPS IDの登録をお忘れなく!

R(理解すれば)
T(とっても)
O(面白い)
S(ソフトウェア)

ということで、失礼いたしました。

後日、室長はこのセミナーで燃え尽きてしまい、風邪をこじらせ、薬物治療中です(^^;