室長のひとりごと


こんにちは!実験室室長の浦邉です。本日、4月22日はアースデー(地球の日)のようです。地球環境に良さそうな活動を一つでも増やしましょう。

さて、ようやく通勤ラッシュも一巡し、混雑具合にも慣れてきたワタクシです。電車の中では半分くらいの方が、もくもくとスマホをいじっていまよすね。座席一列全員の時もよくあり、ふとした時に眺めてみると異様な光景で、ちょっと笑ってしまいます。ただ、ワタクシもスマホで調べ物やデータシートなどを眺めていることが多いので、はたから見れば同じ量産型です(笑)。

データシートが紙だった時代(何万年前?)に、印刷してものすごい量になって怒られたとか、PDFでペーパーレスになったと思ったら、会社のPCじゃないとAcrobat Readerが動かない、といった遺産的な活動に比べれば、だいぶ世の中改善されたものだとしみじみ思います。電車の中で、3000ページを超えるデータシート見ているのは、きっとあまり多くはないだろうと、一人ほくそ笑むワタクシです。

さて、そんなワタクシにも若かりし頃があり、ノートPCを自分で買い、自分で身銭を切った(といっても高くはなかったですよ)コンパイラなんかを入れて、プログラム開発をしていました。なんでこんなこと書いているかというと、最近、若いエンジニアが少ないという声を聞くようになりました。確かに、これまで色々なエンジニアの方と接する機会がありましたが、若い方は少なくなっているのかも?と思っています。若い方は、WEB系に行っているんですかね?違う業種なのかな?組込み市場は若い人には魅力がないんですかねぇ。と、ひとりごとのようにつぶやいてしまいそうです。

そんな数少ない若いエンジニアの皆さんへ!動けば楽しい、組込みの世界!どうぞ、ズブズブ足を踏み込んでくださいませ!その準備体操に、APS-WEBを活用してください!

前回の実験室

Win10 de UART編

どうでしたか?Cortex-A53コアを4つも持っているSnapDragonでUARTとLEDを動かすというデモ。しびれますね!せっかくあれほど高性能なボードを使っているのに、ハイエンドとは無関係なローテクで喜んでいるワタクシです。

でも、地味なアプリから学べることは多く、そこからブートローダーとか、ネット経由でファーム更新とか、世にものを出してしまってから、なんとかするための方法をしっかり実装していく方が安心じゃありませんか?

いきなりOpenCVとかやってもいいんですが、APS-WEBはビジネスの現場で役立つ知識をわずかな時間で習得してもらえるようにするコンテンツを用意しています。

さ〜て次回の実験室は〜?

次回は、メザニンカードを使ったADCのデモを予定しています!お楽しみに!