Apple HomeKitをThunderboard Senseで試してみた

Apple HomeKitとは?

Apple社のHomeKitを、シリコンラボラトリーズの32ビットArm無線マイコンであるGeckoシリーズと6種類ものセンサーが搭載された Thunderboard Sense を使用して、試してみました。尚、Apple HomeKit対応機器を構築するには、Apple社の MFiライセンス が必要になります。

MFiのライセンスは、7-10日ほど審査期間がかかり、費用は$75必要です。MFiのライセンス取得後は、シリコンラボに連絡します。2-3日すると、MFiライセンスの確認完了メールが届きます。Simplicity Studioにログインすると、HomeKit用のSDK がインストールできるようになります。今回もmacOSの環境で試しています。

Thunderboard Senseにプログラムをダウンロード

図1

  1. Thunderboard SenseとmacをUSBでつなぎます
  2. HomeKit SDKがダウンロードされていれば、HomeKitのサンプルが出てきます。
  3. サンプルは、Thunderboard HomeKitを選びます。
  4. プロジェクトの「Generate」ボタンでファイルを生成します。
  5. 「Build」ボタンでビルドして、「Debug Configuration」でデバッグ対象の設定をします。
  6. プログラムをThunderboard Senseにダウンロードして、実行します。

Apple HomeKitを試してみる

図2

  1. iOSデバイスを用意し、「ホーム」アイコンをクリックします。
  2. 手動入力で「111-22-333」とコードを入力すると、アクセサリとして追加できます。
  3. アイコンが表示されるので、照明アイコンを長押しすると、照明の明るさをスライダーで変更できます。

ざっくりいうと

  • Thunderboard Senseの紹介
  • HomeKitのビルド〜デバッグ
  • HomeKitの使い方