MMUとプロテクション機能を積極的に使った、新しいRTOSシステム

講演概要

組込み向けプロセッサやSoCの高機能化・高性能化に伴い、組込みソフトウエアの大規模化が進んでいます。RTOSシステム開発を考えるとき、もっとも重要な課題のひとつは実機上のメモリをいかに効率よく、かつ安全に利用するか、という点だといえるでしょう。本講演では、次のような点に着目して当社が提案する課題解決のアプローチをご紹介いたします。【安全に】CPUが持つプロテクション機能を利用して、メモリを安全に使うことの重要性。【効率よく】メモリの安全性を担保したうえで効率よく使用できる、新しいローディングシステムの提案。【自在に】 MMUを自在に使いこなす道具として、OSまで一体化した開発環境SOLID。また、RTOS開発プラットフォームSOLIDとLinuxの関係についてもご紹介いたします。