クラウド開発環境でカーネルのカスタマイズをしてみよう!

カーネルのカスタマイズが必要なとき

前回まではRZ/Gのクラウド開発環境に用意されているプリビルド イメージを使ってシステムを構築しました。リファレンス ボードを使った評価やSOMを使った製品化であればプリビルド イメージでも問題ないですが、カスタム ボードを開発したときやカーネルをチューニングしたいときは、カスタムBSPの作成をする必要があります。それでは、早速試してみましょう!

ちなみに、はじめてゲットしたポケモンは、フシギダネです。

e2 studioを使ったカーネルのカスタマイズ手順

カスタムBSPプロジェクトの作成方法

カスタムBSPプロジェクトの作成方法

「組み込みLinuxカスタムBSPプロジェクト」を選択します。

「組み込みLinuxカスタムBSPプロジェクト」を選択します。

プロジェクト名を設定し、ベースにするBSPを選択します。

プロジェクト名を設定し、ベースにするBSPを選択します。

Gitブラウザの設定方法

Gitブラウザの設定方法

Gitを選択します。

Gitを選択します。

このメニューを選択して、カーネルのカスタマイズを行います。

このメニューを選択して、カーネルのカスタマイズを行います。

カーネル コンフィグを設定します。

カーネル コンフィグを設定します。

ツリーからソースを選択して、編集します。

ツリーからソースを選択して、編集します。

コンフィグやソースの編集が完了したら、BSPを生成します。

コンフィグやソースの編集が完了したら、BSPを生成します。

タグ等を設定し、ビルドを実行します。

タグ等を設定し、ビルドを実行します。

カスタムBSPを組み込んだイメージをビルドします。

カスタムBSPを組み込んだイメージをビルドします。

BSPのタブでカスタムBSPを選択します。

BSPのタブでカスタムBSPを選択します。

ビルドが完了したら、前回までと同様にSDカードへ書き込んで、ブートさせてみましょう。